FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.07(Thu):舞台探訪
 
※舞台探訪 あやめの町とお姫様編 2014年8月4日 の続きです

 翌朝 は7時40分にチェックアウトして8時になる前に4つ目の目的地である商店街の写真を収めるために立ち回るが、商店街は既に人だらけ...。どうにか人の少ないタイミングを狙い撮った写真がこちら
ayame_syoutengai.jpg
↑ マーブルロードおおまち ↑
↓ ゲーム背景絵 ↓

2014y01m20d_225933670.jpg

タイルの模様や柱といった部分は完全といってもいいほど一致。この商店街のどこかをポイントとしてゲーム背景が書かれたのだと思います。

 この付近に先月末発売の星織ユメミライの商店街に似た場所もありそうだったので探してみたのですが一番似ていたと思えるのはここですかね。

hoshiori_syoutengai.jpg
↑ サンモール一番町商店街 ↑
↓ ゲーム背景絵 ↓

2014y07m31d_212855689.jpg

 星織ユメミライ では七夕祭りを8月に行うという設定が存在し、仙台でも8月に七夕祭りが行われるためこのゲームの舞台が仙台ではないかと予想。

祭り準備の都合上笹などが配置されていましたが、それを除くと割と似ているように思えるのは私だけでしょうか?

 昨日 は仙台駅周辺に神社と人の多い場所の探索だったので今日は一人でゆっくりと探索できる場所だといいなぁ...とか思いながら東北本線の電車に乗り込み国府多賀城駅で下車。駅のホームへ降りた時、こんな場所に来たかったんだよ...と心から思いました。


写真を撮り忘れてしまったのですが私の予想ではゲームイベントCGのこの背景は恐らくこの国府多賀城の駅ホームがモデルとなった可能性はあるのではないかと私の根拠のない直感を書いておきます。
2014y07m24d_172528336.jpg

国府多賀城駅 から歩くこと10分程度、5つ目の目的地多賀城跡へ到着。ここは今回の旅で一番の一致具合でした。

ayame_iseki.jpg
↑ 多賀城跡 ↑
↓ ゲーム背景絵 ↓

2014y01m20d_225905637.jpg

因みにこの多賀城跡を正面ではなく後ろ側から見た光景がゲーム背景のモデルであることに気づくのに5分程度掛かりましたww


またこの近くのあやめ園もこのゲームのモデルとなった場所らしいのですが、あやめの時期とは外れていたこともあってか、もしそうならかなり美化されているなぁといった印象でした。
ayame_ayameen1.jpg

ayame_ayameen2.jpg
↑ あやめ園 ↑
↓ ゲーム背景絵 ↓

2014y01m20d_230132955.jpg


 お次 は多賀城跡とは反対側の国府多賀城駅の出口を降りて目の前にある東北歴史博物館を見学。事前調査の段階では鳴子先輩と度々来ることになる博物館のモデルはここではないかとの情報を入手していたのでこのイベントCGの背景に似ている場所はないかと調査。
2014y07m24d_172559166.jpg

 強いて一番似ていた場所を上げるとすればここですかね。因みに博物館の方に条件付(フラッシュ不可)で撮影許可は取っています。
ayame_hakubutukan1.jpg

お世辞にも似ているとは言えないですが、この博物館には多賀城に関する展示資料が多く扱われているのでモデルとなっているのは間違いないでしょう。

午後 は仙台駅へ戻りそこからバスで揺られること約25分、仙台城跡南で下車。そこから歩くこと数分、今回の旅最後の目的地伊達政宗像に到着。
ayame_dozo1.jpg

ayame_dozo2.jpg
↑ 伊達政宗像 ↑
(上:ゲーム背景風 下:全体像)

↓ ゲームイベントCG ↓

2014y07m24d_172435703.jpg

ここはCGの角度も見つけられたので完全に一致ですね。撮影を終えた後、ずんだシェイクなるものを飲みながら小休憩。

帰りの電車まで2時間ほど余ったので仙台駅周辺にあるメロブで涼んだり、お土産を買ったりなどして時間を潰し、行きと同じで「はやぶさ」に乗って帰ってきました。


今回の旅 もかなり楽しかったです。また来年夏季休暇が取れればどこか出かけてみたいです。でもその前に行きたい場所のネタが尽きてしまったのでそれを探さないと...



 次回の更新内容は新ロロナ延長戦クリアです。

 それでは ノシ
TrackBackURL
→http://atelieremblem.blog.fc2.com/tb.php/248-340c0be2
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。